脇の永久脱毛は可能?

 

脇の永久脱毛

 

もはや女性のたしなみの一つともいえるようになった、ワキの脱毛。安いところではワンコインで納得いくまでワキ脱毛に通えてしまったりするのですから、試さない手はありませんよね。

 

しかし、一般に永久脱毛といわれている脱毛でも、本当に、完全に、未来永劫二度とワキの毛が生えてこないというわけではないことも覚えておきましょう。

 

ワキの永久脱毛は決して不可能ではないのですが、そう簡単に可能と言い切ってしまうこともできないのです。なぜなら、女性には、妊娠や出産、閉経によるホルモンバランスの変化があるから。

 

仮に若いうちにワキの永久脱毛に申し込んでつるつるのワキを手に入れていたとしても、妊娠中にいつの間にかワキ毛が復活してしまっていた、という例は枚挙にいとまがありません。これは、妊娠により女性ホルモンのバランスが著しく乱れた結果に起こる現象で、ある程度は仕方がないと言えます。

 

その後出産したからと言ってそのワキ毛がまたなくなるということもないようで、そうなると、子育てが落ち着いた頃に再び脇毛脱毛に通う女性が多くなるようです。ただし、電気針を使って行う昔ながらの正式な永久脱毛なら、ホルモンバランスに左右されず、ほぼ完ぺきに近い永久脱毛が可能になるそうです。

 

レーザー脱毛の効果は?

 

レーザー脱毛の効果は、かなり高いです。

 

サロンで行う光脱毛よりも出力が高いので効果が高く、短期間で脱毛できます。レーザー光線が波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用する性質を利用し、その部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊することで脱毛していきます。

 

レーザー脱毛を利用すれば、ホクロやシミ、ソバカスなどもきれいに治すことができます。

 

単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する方法なので、ターゲットだけに作用して、表皮やその周辺の細胞を傷つける心配がありません。レーザーを無駄毛に照射すると、黒い毛に熱が吸収され、毛包全体に熱が伝わります。そして熱が周囲に広がって、毛球部の毛母細胞を破壊できるので毛が生えてこなくなります。

 

レーザーの特性から、黒くて太い毛ほどレーザー脱毛は効果が高いと言えます。逆に、うぶ毛は毛根を破壊するだけの熱をため込むことができないので、あまり効果は期待できません。しかし、最近のレーザー脱毛は進化していて、どんどん改良が進んでいるので、機械の種類や使い方によっては、うぶ毛でも効果が期待できます。

更新履歴